海外投資は為替レートにも注意

アメリカ・アジア等の海外不動産投資について気をつけないといけないのは、為替レートが変わるということです。どうにか家賃を受け取ったって、現地通貨が安くなれば、その投資は赤字になる可能性もあるのです。

海外不動産投資というのは、値上がりした物件を売ることで儲けようとするものばかりだと思われるかも知れませんが、実際には賃料などで生じる利益を目的とした不動産投資も存在しています。

都内各所で不動産関連業を営んでいる業者が企画した不動産投資セミナーがよく開催されていて、その多くが無料で出席することができます。その都度受講者も多く、活気を見せています。

マンション経営が適切なものかどうかを見るために、表面利回りや実質利回りが用いられるのが通例ですが、都内の物件と地方都市にある物件とを利回りの高低によって比べるのはナンセンスです。需要が先細りの地方においては、入居者がついてくれないという危険性があり、堅実なマンション経営は不可能に近いということです。

マンション投資におきましては、購入資金が少なくてすむ中古物件の人気が高いのですけど、新築されたのはいつかということは十分チェックしてください。RC、すなわち鉄筋コンクリートの建物でも、だいたい80年ぐらいしか持ちませんから、そこまでにいくら儲かるかおおよその想像はつくでしょう。

投資の一つとしてマンション投資が人気を集めているのは、株式の取引のようにいつもいつも相場を気にすることが要されないからでしょう。しかし、ここのところ買うべきではないような状況が続いているようです。

不動産を購入して賃貸経営をしている人というのは、普通入居者募集やら退去に関する手続き、はたまた定期的な点検や必要な修理といった物件の管理に関する業務を、不動産会社などと契約をして任せているということです。

不動産投資の場合、現地に足を運んで物件を検分した数がキモでしょう。それを念頭に置けば、スタートの頃はしょぼい物件の多さに辟易とするかも知れませんが、とにかく資料請求するということは今後の役に立ちます。

マンション経営につきましては、「幾ら位の節税効果があるのかや利回りこそ大事だ」などと言われることがありますが、そういったことばかりを気にかけていたら、予期せず期待が裏切られることにもなりかねません。

中古マンションを収益物件として選ぶときに重要なポイントとなるのは、築年数が何年なのかということです。建築後何年ぐらい経っているのかをちゃんと把握して、1981年に採用された新耐震基準が適用された物件であることを条件にすることが大切です。

収益物件を選別するという際は、利回りがどうなるかといったことを重視しながら、入居する側の都合も考えに入れるようにしましょう。すなわち、常識的な感覚を重視すべきなのです。

賃貸経営と言われるものは、不動産を貸すことによる家賃収入中心の不動産投資のことを言います。逆に言うと、高くなった時に売ることによる利益を見込むという投資モデルとは違うのだと言えるでしょう。

円滑なマンション経営のために考慮すべきは、外部的には立地の良さ、内部的には最適なプランおよび設備の良さだと考えます。立地の良い物件で設備も充実しているなら、ちっとも空室が埋まらないというリスクをそれほど気にしなくてもいいでしょう。

賃貸経営に携わる場合の心配の一つである空室対策は、不動産会社側とその物件をもっているオーナーとが意見を出し合いますが、工事費用を払わなければならないとしても改装を施すことが空室対策には最適です。

不動産投資として人気のマンション経営ですが、評判の物件となると港区や渋谷区など、人気の高いエリアに多くあります。早晩価格も上がって、今以上に探しにくくなってくるでしょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントする