サブリースを考える

サブリースとは、アパートなどの不動産の賃貸経営の中で行われる「借り上げ会社による一括借り上げ」や「空室保証」のことを指して言うことが一般的ですが、本来の意味としては不動産会社から実際の入居者への又貸し、つまり転貸借だと言っていいでしょう。

サブリースであれば、不動産会社が借り上げた物件を又貸しすることにより、家主に定期的な収入を確約してくれるのですが、受け取れる金額は本来入居者からもらえるであろう家賃の8割か、高くても9割ぐらいのものであると考えられます。

「一括借り上げ」関係でトラブルが発生しやすいのは、「一括借り上げ」というシステムが事業者と事業者とが取り交わした契約だと見なされていますので、オーナーは消費者契約法の消費者とは見なされないということと、宅建法でいう売買契約には当たらないので、重要事項説明はしなくて良いとされているからだと考えられます。

アパート経営と類似しているものとしてマンション経営をイメージされるかもしれませんが、マンション経営に関しましてはマンションの一室毎に投資する方式がメインで、アパート経営とは違っていると言えます。

マンション経営は、「どの程度の節税になるかとか利回りの良さが大切だ」などと言われるのはもっともではあるのですが、損か得かといった部分に振り回されると、逆に当てが外れるような可能性もあります。

うまくいくマンション経営の鍵になるのは、外的には生活の利便性などが良いこと、内的には必要な住宅設備が備えられていることだと考えます。立地とかプランが良ければ、だれも入居してくれないというリスクはさほど大きなものにはなりません。

賃貸料で儲けようという不動産投資で結果を出そうと思ったら、その収益物件がしっかりと稼いでくれることが必須です。そのあたりを値踏みするときに重要な材料になるのが実質利回りや表面利回りであると言われています。

収益物件の良し悪しを判断するという場合は、納得できる利回りであるかどうかに気を配りながら、貸す相手の気持ちになって考えることが大事なのです。言ってみれば、普通の感覚こそ必要なものなのです。

本質的に不動産投資とは、家賃という形で収益をゲットすることですが、収益を維持し続けるには管理をしっかりこなすことが必須事項です。そうは言ってもその整備業務など、大概のことは不動産会社が請け負ってくれます。

大方の業務は不動産会社がやってくれるため、不動産投資初心者の所有者が実施すべきことは、いざというときに銀行が融資してくれるように、関係ない借入などをすることなく、本業に邁進することです。

不動産投資においては、ほとんどの人が躊躇いながらもやっているのが資料請求ではないでしょうか?先方もそんなに逃してはならないお客さんだなどと考えることはありませんので、躊躇うことなく請求しても構いません。

不動産投資に関する資料請求をしたが最後、「とめどなく購入するよう説得してくる」と思っている人もいるでしょう。でもこの段階では、先方でもマーケティング対象と考えるはずがありませんので、積極的に資料請求をして物件を見ていきましょう。

今後はあまり期待できないとの認識が広がってから随分と月日が経過したわけですが、この頃新たに盛り上がってきているらしく、いろんな場所で不動産投資セミナーが開かれることが多くなっているらしいです。

海外不動産投資は、値上がりした物件を売ることで収入を得るものがほとんどと思われているようですが、現実には賃貸料のような利益が見込める不動産投資というのも存在しているみたいです。

書籍も多く出ている不動産投資は、数多くある投資スタイルを引き合いに出してみても、ひときわやりがいがあることに気付くと思います。失敗が少ないという情報が広まり、年若い人にも不動産投資に真剣に取り組む人が増えているのでしょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク